ホームページ作成上の注意

ファイル名の付け方

ファイル名の付け方を間違うと、せっかく作ったページが他の人に見てもらえないことがあります。これはインターネットの世界では、色んなメーカーの色んなマシンで、色んなソフトを使ってアクセスされるからです。ファイルの付け方の基本ルールを守りましょう。

ファイル名やフォルダ名に日本語及び全角文字は使わない

日本語のファイル名でも問題なく表示できる場合もありますが、ブラウザの種類やバージョンによっては表示できないことがあります。
また「index.html」のような全角の英数文字でも同じことが言えます。ファイル名を入力する時は、入力モードが「半角英数」になっていることをきちんと確認しましょう。

ファイル名の間にスペース(空白)は入れない

パソコンでは My Documents などのように、間に空白を入れたフォルダ名も使われますが、ホームページ作成用のフォルダやファイル名の間に空白を入れると、そのファイルや、フォルダの中にあるデータにアクセスできません。
スペースの替わりとして - (ハイフン)や _ (アンダーバー)がよく使われています。

ファイル名に特殊な記号を使わない

ファイル名に使える記号は、上記の「 - 」(ハイフン) 「 _ 」(アンダーバー)です。特殊な記号使うと、ファイルを探し出すのに非常に時間がかかったり、ページがみつからなかったりすることがあります。

トップページのファイル名は index.html にする

  • index.html は特別な意味を持ったファイル名です。KCN-NetのWebサーバーの設定上、ファイル名が入力されなかった場合、index.htmlを探して表示するようになっています。拡張子は必ず「html」と4文字にして下さい。
  • フォルダにindex.htmlが存在しない場合、ファイル名を指定しないと、 そのフォルダの中身のリストが表示されてしまう か、あるいは  「Forbidden」というエラーが表示 されてしまいます(ご利用のサーバーによって異なります)。
  • フォルダの中身をのぞかれたくない場合、画像用フォルダやデータ用フォルダの中にも「のぞかないで下さい」と書いた、あるいはホームページに自動転送するファイルを、index.html の名前で保存しておくと安心です。

HTMLファイル(ページ)作成時の注意

機種依存文字を使わない

JISで規定されていない文字は、機種によってコードが異なり、正しく表示されません。漢字の外字以外に 記号の一部 がインターネットでは使えません。ローマ数字や、○で囲んだ数字など、できれば使いたい文字も含まれていますので、注意しましょう。

半角カナは使わない

ホームページ内に半角カナ文字が含まれていると文字化けの原因となる場合があります。どうしても狭いスペースに納めたいときは、フォントのサイズを小さくしましょう。

転送時の注意

作成されたHTMLファイルは「public_html」フォルダの中に転送

ユーザーディレクトリ内でWebで公開可能なデータは、public_html内のデータのみです。public_html の外側に転送されたデータには、それに相当するURLがないため、アクセスできません。転送設定の際には、転送先フォルダを間違えないようご注意ください。
逆に、public_html内のデータにはWeb経由で簡単にアクセスできます。個人情報に関わるデータや公開する意図の無いデータを転送されないようご注意ください。
※ レンタルサーバー(ホスティングサービス)をご利用のお客様は、public_htmlは不要です。ご自分のフォルダ内に直接転送してください。

All Rights Reserved, Copyright(C)KCN 1996-2015.