• ケーブルテレビサポート
  • インターネットサポート
  • 電話サポート
  • 安心サポート

サイト内検索

メールで困った

メールソフト全般

メールを送信すると、リターンメールが返ってきます。

メールを送信した後にエラーメールが返ってくる場合は、エラーメールに記載されているメッセージによって、対処方法が異なります。下記をご覧いただき、エラーの内容をご確認ください。

「User unknown(Unknown user)」または「Invalid recipient」と表示されている場合。

  • 宛先メールアドレスの[@(アットマーク)]より左側が間違っているか、存在しない可能性があります。入力されているメールアドレスに誤りがないかご確認ください。
  • 受信したメールに返信している場合は、相手様のパソコンに設定された返信用アドレスに誤りがある可能性があります。
  • 携帯電話宛に送信された場合、携帯電話側の迷惑メール対策機能で携帯電話以外から送信されたメールを拒否する設定をされている可能性がありますので相手様にご確認ください。

「Host unknown」または「Host not found」と表示されている場合。

宛先メールアドレスの[@(アットマーク)]より右側が間違っているか、存在しない可能性があります。
相手様のメールアドレスに誤りがないかご確認ください。

「message size exceeds maximum message size」または「message size XXX exceeds size limit XXX of server ***」と表示されている場合。

  • 送信されているメールの容量が大きすぎる可能性があります。メールにファイルを添付している場合は、分割・圧縮するなどして容量を小さくしてください。
    ※KCNではメール1通の送信容量は20MBとなっております。
  • 送信したメールサイズが20MB未満でもリターンメールが返ってくる場合、相手様のプロバイダで容量制限をかけられている可能性がございます。相手様に受信可能な容量をご確認のうえ再度送信を行ってください。

「Disc quota exceed」、「Mailbox full」または「Temporarily over quota」と表示されている場合。

相手様のメールボックスの容量がオーバーしており、メールを受け取れない状態のときに表示されるエラーになります。
相手様に連絡をして、メールボックスがいっぱいになっていないかご確認ください。

「Access denied」と表示されている場合。

メールアドレスが相手様側(送信先プロバイダ側)で拒否されている可能性があります。
相手様、もしくは相手様が契約されているプロバイダ側で受信拒否を行っていないかご確認ください。

他社プロバイダのメールアドレスを使用してメールの送信ができません。

KCNでは迷惑メール対策として25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)を実施しております。
その為、お客様のご利用状況によっては、25番ポートブロックの影響を受けメールの送信ができない場合があります。
他社プロバイダ(メールサービス提供元)などが用意しているサブミッションポートを利用することで、メールの送信が可能となります。
サブミッションポートの提供状況、およびメールソフトの設定方法は、他社プロバイダ(メールサービス提供元)までご確認ください。

25番ポートブロックについてはこちら をご覧ください。
25番ポートブロックの対象者かどうかについては こちらをご参照ください。

KCN以外のインターネット接続環境で、KCNのメールアドレスを使用してメールの送信ができません。

会社・学校・海外・他社インターネットの回線など、KCN以外のインターネットでの接続を利用されている場合、メールの送信時にKCNの会員である事を確認する為の認証が必要となります。
※KCNでは不正なメール送信(中継)防止のため、メールの送信制限を実施しております。

設定方法については こちら をご参照ください。

宛先が自分のメールアドレスではないメールが届きます。

宛先にご自身のメールアドレスが無い場合、送信者が[BCC(ブラインドカーボンコピー)]を使用してメールの送信を行った可能性があります。
メールを送信する際のメールアドレスの入力箇所として[TO(宛先)][CC]の他に[BCC]という項目があり、この項目にメールアドレスを入力して送信すると[BCC]に入力したアドレスは表示されずに相手先に届きます。この為、メールを受け取った受信者は[TO(宛先)][CC]宛のメールが間違って自分に届いたように見えてしまいます。
※受信者側ではBCCに自分のアドレスがあるという事を確認することができません。

メールの受信が途中でとまってしまいます。

受信しようとしているメールのデータが破損している、またはメールの容量が大きすぎて受信できない可能性があります。

プリーのメールソフト「nPOP」を使用して削除することができます。詳しくは nPOP設定・使用方法 を参照ください。
※Macintoshの場合、フリーソフト[Mail-Delete]を使用してサーバ上にあるメールの削除を行うことが可能です。

自分のメールアドレスからメールが届きます。

メールを送信する際に、送信メールアドレスを偽装する事ができます。

迷惑メールであれば、迷惑メール送信業者がメールアドレスを偽装して送信している事が考えられます。

KCNのメールアドレスから送信されているため、残念ながら有効な対策を施す事ができません。

添付ファイルを開くと、「指定されたファイルに対してこの操作をおこなうプログラムが関連付けされていません。~」と表示されます。

お使いのパソコンに添付ファイルを起動するソフトがインストールされていないため、開けない状態と考えられます。

添付ファイルを開くためには、該当ソフトをインストールする必要があります。

なお、ご利用のパソコンに該当ソフトのインストールされているかについては、パソコンメーカーまでご確認ください。

突然メールが受信できなくなくなりました。メールを送った人からリターンメールが届くと言われます。

お客様の受信メールサーバーの使用容量がいっぱいになっている可能性があります。

・KCNの受信メールサーバーの容量は、1アカウントにつき200MBです。

・メールソフトの設定で受信メールサーバーにメールのコピーを残さない設定をしている場合は、受信後、受信メールサーバーからメールはなくなりますが、残す設定をしている場合は、受信後も受信メールサーバーに残されたままになります。
※設定の変更については、KCN-Netサポートまでお問い合わせください。

・受信メールサーバーに蓄積されたメールの容量が200MBを超えるとそれ以上のメールを蓄積する事ができない為、送信元にリターンメールが送信され、お客様にメールが届かなくなる場合やメールソフト側ではユーザ名(アカウント名)とパスワードの再入力を求める画面が表示されるようになるケースもございます。。

【送信元に届くリターンメールのメッセージ例】
Disc quota exceeded
Mailbox full

・受信メールサーバー内の使用容量確認は、KCN-Netサポートまでお問い合わせください。

・受信メールサーバー内の容量超過によってメールが受信できなくなった場合は、受信メールサーバーに蓄積されたメールを削除する必要があります。 受信メールサーバー内に蓄積されたメールの削除については、KCN-Netサポートへお問い合わせください。

※受信メールサーバー内のメールを削除するにはご契約者様確認の為、メールのPOP3アカウントとパスワードが必要です。
※Windows10のメールアプリを利用されている場合、過去に受信されたメールをPC上から閲覧できなくなります。(Windows10のメールアプリ以外はPC上から閲覧いただくことができます)
※受信メールサーバー内にあった未受信メール削除されますのでご了承ください。
※受信メールサーバー内から削除したメールは復元できませんので予めご了承ください。

Windows10のメールアプリは使えますか?

Windows10メールアプリはメールサーバ内のメールを参照する動作をすため、メールアプリに設定を行った場合はパソコンにメールが保存されません。
また、サーバ内のメールを自動で削除する機能がないため、サーバの保存容量(200MB)を超過するとサーバにアクセスできなくなります。
そのため、サーバの保存容量を超過する前に不要メールを削除する必要がございます。
可能な限りWindows10メールアプリは補助的に使用し、Microsoft Office Outlook等のメールソフトを使用される事をお勧めします。

▲ トップへ戻る

All Rights Reserved, Copyright(C)KCN 1996-2015.