• ケーブルテレビサポート
  • インターネットサポート
  • 電話サポート
  • 安心サポート

サイト内検索

サポート » インターネットサポート » ホームページを閲覧する » コンテンツアドバイザの設定

コンテンツアドバイザの設定

簡単な操作で世界中から情報を取り寄せることができるのがホームページの魅力です。しかしその便利さが逆に青少年を有害な情報にさらしてしまう危険ともなってしまいます。
Web上にあふれる玉石混淆の情報の中から、青少年にとって有害な情報をカットするための方法が色々と検討されています。

詳しくは (財)インターネット協会の「フィルタリング情報ページ」 を参照ください。

パソコンにインストールして利用する有料のソフトや、特定のサーバーを経由して閲覧することで有害情報をカットする有償サービス等もありますが、ここではインターネットエクスプローラーの「コンテンツ・アドバイザ」を使った設定方法を紹介します。

コンテンツ・アドバイザの設定例

「コンテンツ・アドバイザ」を利用する方法にもいくつかあり、全てのサイトを制限し、表示を許可するサイトのみを指定する方法と、全てのサイトを許可し、URLを指定したサイトのみを制限する方法、外部の規制システムと連動させて利用する方法等があります。下記の例ではURLを指定したサイトのみ制限する方法を採り上げています。

1.Internet Explorerを起動し、[ツール(T)]-[インターネット オプション(O)]を選択します。

2.『インターネット オプション』画面が表示されます。
【コンテンツ】タブを選択し、「コンテンツ アドバイザ」の【有効にする(E)】ボタンをクリックします。

3.『コンテンツ アドバイザ』画面が表示されます。
【規制】タブを選択し、規制レベルを調整したい項目を選択し、つまみを動かし調整します。
レベル0がもっとも厳しい設定になります。ただし、この機能に対応していないサイトも多いので「4.」以降の設定をお勧めします。

4.【承認したサイト】タブを選択し、閲覧を規制するサイトのURLを入力し「しない」ボタンを押します。
「承認済みおよび未承認のWebサイトの一覧(L):」欄に進入禁止マーク付きで表示されます。
進入禁止マークが付いたサイトへはパスワードを知らないとアクセスできなくなります。

5.【全般】タブを選択し、「規制されていないサイトを表示する(U)」にチェックを入れます。
「スーパバイザ パスワード」の【パスワードの作成(C)】ボタンを選択します。

6.『スーパバイザ パスワードの設定』画面が表示されます。
【パスワード(P)】、【パスワードの確認入力(C)】欄にパスワード(同じもの)を入力します。このパスワードは設定者が決めます。
※パスワードは忘れないように管理してください。パスワードを忘れるとコンテンツアドバイザの解除や設定変更もできなくなってしまいます。
【ヒント(H)】欄には、パスワードを思い出すのに役立つものを入力します。
設定が出来たら、【OK】ボタンをクリックします。

7.下記の様な画面が表示されますので、【OK】ボタンをクリックします。

8.下記の様な画面が表示されますので、【OK】ボタンをクリックします。

9.『インターネット オプション』画面に戻りますので、【OK】ボタンをクリックします。
以上で設定は終了です。

All Rights Reserved, Copyright(C)KCN 1996-2015.