• ケーブルテレビサポート
  • インターネットサポート
  • 電話サポート
  • 安心サポート

サイト内検索

Atermで困った

インターネット接続はできるが、IP電話が利用できません。

ADSLモデムのランプ状態をご確認ください。 

ADSLモデムの正常なランプ状態
POWER 緑点灯
ADSL 緑点灯
PPP 緑点灯
DATA 消灯(データ通信時に点滅)
VoIP 緑点灯

ランプが全て正常に点灯している場合

電話線が抜けていないかご確認ください。

ADSLモデムと電話機が電話線で繋がっているかご確認ください。
また、しっかり奥まで差し込まれいるかご確認してください。

 

ADSLモデムを再起動してください。

ADSLモデムの電源を抜いて5秒ほどしてから、再度電源を入れてください。
ランプが正常な状態に戻りましたら、IP電話が利用できるかご確認ください。

VoIPが消灯している場合

IP電話の設定が完了していない可能性がございます。

こちら のページから、IP電話の再設定を行ってください。

VoIP赤点灯の場合

ADSLモデムを再起動してください。

ADSLモデムの電源を抜いて5秒ほどしてから、再度電源を入れてください。
ランプが正常な状態に戻りましたら、IP電話が利用できるかご確認ください。

KCNネットワーク上で障害が発生している可能性があります。

メンテナンス・障害情報をご確認ください。 

メンテナンス情報

障害情報
※メンテナンス・障害発生中の場合は復旧までお待ちください。

 

市内への発信はできるが、市外への発信ができません。

ご利用の電話機にACR・LCRなど自動回線選択機能が搭載されているかご確認ください。

機能が搭載されている場合には、無効にして発信可能かご確認ください。
また、コミスタサービス機能が搭載されている場合にも機能を無効にして発信可能かお試しください。
※機能を無効にする方法については、取扱説明書をご覧いただくか電話機のメーカーへお問い合わせください。

特定の050から始まる電話番号に電話をかけることができません。

KブロードADSLフォンと提携していない他社IP電話番号である可能性がございます。

こちら の提携事業者一覧から発信可能な電話番号かご確認ください。
IP電話で発信できない電話番号の場合は、電話番号の頭に「0009」を付けてダイヤルして
ください。
※この場合、通話料は、ご利用の電話会社より請求されます。
※IP電話を第2電話としてご利用の場合は、一般回線用の電話機より発信してください。

通話中、VoIPランプが橙点滅します。

一般回線で通話している状態です。

この場合、通話料はご利用の電話会社より請求されます。  

念の為、電話を使用していない場合のADSLモデムのランプをご確認ください。
VoIPランプが消灯している場合はIP電話の設定が完了していない可能性がございます。
こちら のページから、IP電話の再設定を行ってください。
VoIPランプが緑点灯になりましたら、IP電話が利用できるかご確認ください。

フリーダイヤル[0120]やナビダイヤル[0570]に発信できません。

KブロードADSLフォンから[0120][0570][0990]などの特別番号へは発信できません。

一般回線より発信してください。
一般回線での発信は、電話番号の頭に[0009]を付けてダイヤルしてください。
※この場合、通話料は、ご利用の電話会社より請求されます。
※IP電話を第2電話としてご利用の場合は、一般回線用の電話機より発信してください。

市内への発信のみできません。

KブロードADSLフォンより発信する場合は、市外局番からダイヤルしていただく必要がございます。

同市内の電話番号へ発信する場合も市外局番を付けてダイヤルしてください。

 

通話中、[プツプツ]と音声が途切れることがあります。

通話中にパソコンで大容量のデータのやり取りを行っている場合、一時的に通話品質が低下することがあります。

通話中は、データのやり取りを停止させてください。

 

IP電話に着信した際、短い着信音が鳴り、すぐに受話器をあげると電話が切れてしまいます。

ナンバーディスプレイ設定の不一致が原因となっている可能性がございます。

電話機のナンバーディスプレイ機能が有効になっている場合、短い着信が数秒間続き、この間に受話器をあげると電話が切れてしまうことがございます。ご利用の電話会社(一般回線)でナンバーディスプレイのご契約があり、電話機のナンバーディスプレイ機能を有効にしている場合は、ADSLモデムのナンバーディスプレイ機能を有効に変更してください。 ご利用の電話会社(一般回線)でナンバーディスプレイ契約がない場合は、ADSLモデム、電話機の両方のナンバーディスプレイ機能を無効にしてご利用ください。

【ナンバーディスプレイ設定方法】

1.ブラウザ(InternetExplorerなど)を起動します。

2.アドレス欄に[http://web.setup/]と入力し、Enterキーを押します。

3.[web.setupに接続]という画面が表示されますので、下記項目を入力し、[OK]をクリックします。
 ・ユーザー名(U) : admin
 ・パスワード(P) : ADSLモデムの初期設定時にお客様にて設定されたパスワード
 ※[管理者パスワードの初期設定]にて設定されたもの

4.[Aterm*****クイック設定Web]画面が表示されますので、左側のメニューから[電話設定]を
 選択し、その中の「電話基本設定」を選択します。

5.[基本設定]内にある[ナンバーディスプレイ]項目にて、ナンバーディスプレイ契約がある方は
 [使用する]にチェックを入れ、ナンバーディスプレイ契約がない方は[使用する]のチェックを外した
 状態で画面下の[設定]ボタンをクリックします。

6.[登録内容を更新しました。]と表示されましたら、画面左下にある[登録]ボタンをクリックします。

7.[WARPSTAR(親機)を再起動します。よろしいですか?]と表示されましたら、[OK]ボタンを
 クリックします。

8.[WARPSTAR(親機)を再起動中です。再起動に30秒ほど要します。]と表示されましたら、
 [OK]ボタンをクリックします。

9.ブラウザ(InternetExplorerなど)を閉じます。以上で設定は完了です。

呼出音が鳴り、すぐに受話器をあげると電話が切れます。

ナンバーディスプレイ設定の不一致が原因となっている可能性がございます。

電話機のナンバーディスプレイ機能が有効になっている場合、短い着信が数秒間続き、この間に受話器をあげると電話が切れてしまうことがございます。 ご利用の電話会社(一般回線)でナンバーディスプレイのご契約があり、電話機のナンバーディスプレイ機能を有効にしている場合は、ADSLモデムのナンバーディスプレイ機能を有効に変更してください。 ご利用の電話会社(一般回線)でナンバーディスプレイ契約がない場合は、ADSLモデム、電話機の両方のナンバーディスプレイ機能を無効にしてご利用ください。

【ナンバーディスプレイ設定方法】

1.ブラウザ(InternetExplorerなど)を起動します。

2.アドレス欄に[http://web.setup/]と入力し、Enterキーを押します。

3.[web.setupに接続]という画面が表示されますので、下記項目を入力し、[OK]をクリックします。
 ・ユーザー名(U) : admin
 ・パスワード(P) : ADSLモデムの初期設定時にお客様にて設定されたパスワード
 ※[管理者パスワードの初期設定]にて設定されたもの

4.[Aterm*****クイック設定Web]画面が表示されますので、左側のメニューから[電話設定]を
 選択し、その中の「電話基本設定」を選択します。

5.[基本設定]内にある[ナンバーディスプレイ]項目にて、ナンバーディスプレイ契約がある方は
 [使用する]にチェックを入れ、ナンバーディスプレイ契約がない方は[使用する]のチェックを
 外した状態で画面下の[設定]ボタンをクリックします。

6.[登録内容を更新しました。]と表示されましたら、画面左下にある[登録]ボタンをクリックします。

7.[WARPSTAR(親機)を再起動します。よろしいですか?]と表示されましたら、[OK]ボタンを
 クリックします。

8.[WARPSTAR(親機)を再起動中です。再起動に30秒ほど要します。]と表示されましたら、
 [OK]ボタンをクリックします。

9.ブラウザ(InternetExplorerなど)を閉じます。以上で設定は完了です。

携帯電話に発信できません。

ご利用の電話機に携帯通話プリセット機能や携帯とくとくダイヤルなどの機能(※)が搭載されているかご確認ください。

機能が搭載されている場合には、無効にしていただき発信可能かご確認ください。
※携帯電話にダイヤルする時に「事業者番号」を自動的につけて発信する機能です。
 機能を無効にする方法については、取扱説明書をご覧いただくか電話機のメーカーへ
 お問い合わせください。

▲ トップへ戻る

All Rights Reserved, Copyright(C)KCN 1996-2015.