• ケーブルテレビサポート
  • インターネットサポート
  • 電話サポート
  • 安心サポート

サイト内検索

サポート » 電話サポート » 電話で困った » フュージョンライン

フュージョンラインで困った

インターネット接続はできるのですが、電話が利用できません。

光電話アダプタのランプ状態をご確認ください。

VA530の正常なランプ状態
電源 緑点灯
WAN 緑点灯
通信 緑点灯
LAN 消灯
電話 緑点灯

ランプが全て正常に点灯している場合

光電話アダプタを再起動してください。

光電話アダプタの電源を抜いて5秒ほどしてから、再度電源を入れてください。
ランプが正常な状態に戻りましたら、電話が利用できるかご確認ください。

ランプが正常ではない場合

電話線が抜けていないかご確認ください。

光電話アダプタの電話機ポートと電話機が正しく接続されているかご確認ください。
また、しっかり奥まで差し込まれいるかご確認ください。

光電話アダプタを再起動してください。

光電話アダプタの電源を抜いて5秒ほどしてから、再度電源を入れてください。
ランプが正常な状態に戻りましたら、電話が利用できるかご確認ください。

ランプが正常な状態に戻らない場合は、KCNインターネットサポート(0120-333-892 24時間電話サポート)までご連絡ください。

市内への発信はできるが、市外への発信ができません。

ご利用の電話機にACR・LCRなど自動回線選択機能が搭載されているかご確認ください。

機能が搭載されている場合には、無効にして発信可能かご確認ください。
また、コミスタサービス機能が搭載されている場合にも機能を無効にして発信可能かお試しください。
電話機の設定は、取扱説明書をご覧いただくか電話機のメーカーへお問い合わせください。

携帯電話に発信できません。

ご利用の電話機に携帯通話プリセット機能や携帯とくとくダイヤルなどの機能(※)が搭載されているかご確認ください。

機能が搭載されている場合には、無効にしていただき発信可能かご確認ください。

※携帯電話にダイヤルする時に[事業者番号]を自動的につけて発信する機能です。 
  機能を無効にする方法については、取扱説明書をご覧いただくか電話機のメーカーへお問い合わせください。

ダイヤル後も受話器を上げた時の[プーー]という音のままになってしまいます。

回線種別の設定が[ダイヤル(パルス)]になっている可能性があります。

ご利用の電話機の回線種別の設定が[ダイヤル(パルス)]になっている可能性があります。
[プッシュ(トーン)]へ変更いただき、発信可能かご確認ください。
電話機の設定は、取扱説明書をご覧いただくか電話機のメーカーへお問い合わせください。

通話中に[ピー]という高音が鳴ったり、ハウリングすることがあります。

光電話アダプタを再起動してください。

光電話アダプタの電源を抜いて5秒ほどしてから、再度電源を入れてください。
ランプが正常な状態に戻りましたら、現象が回避されたかご確認ください。

電話機の受話音量をご確認ください。

電話機の受話音量を下げて現象が回避されるかご確認ください。

ナンバーディスプレイが表示されません。

電話機にナンバーディスプレイ機能が搭載されているかご確認ください。

機能が搭載されている場合には、有効にしてナンバーディスプレイが表示されるかご確認ください。
電話機の設定は、取扱説明書をご覧いただくか電話機のメーカーへお問い合わせください。

電話機のナンバーディスプレイ機能が有効になっていても表示されない場合、 光電話アダプタのナンバーディスプレイ機能が有効になっていない可能性がございますので、 有効にしてナンバーディスプレイが表示されるかご確認ください。

 【光電話アダプタ ナンバーディスプレイ設定方法】
 1. 電話機の回線種別がプッシュ(トーン)になっているかご確認ください。
 2. 受話器を上げ、[**6*]をダイヤルします。
 3. 受話器より受付トーン([ピピ]という音)が聞こえます。
 4. [002]をダイヤルします。
 5. [*]をダイヤルします。
 6. 受話器より受付トーン([ピピピ]という音)が聞こえます。
 7. [1]をダイヤルします。
 8. [#]をダイヤルします。
 9. 音声([002は1です。設定しますか]というガイダンス)が流れます。
10. [#]をダイヤルします。
11. 終了トーン([ピー]という音)がしたら設定完了です。

受話器を置いてください。ナンバーディスプレイが表示されるかご確認ください。 

呼出音が鳴り、すぐに受話器をあげると電話が切れます。

光電話アダプタのナンバーディスプレイ設定と電話機のナンバーディスプレイ設定が一致していない可能性があります。

【電話機のナンバーディスプレイ設定が有効の場合】
光電話アダプタのナンバーディスプレイ設定を有効にしてください。


【電話機のナンバーディスプレイ設定が無効の場合】
電話機のナンバーディスプレイ設定を有効にしていただくか、光電話アダプタのナンバーディスプレイ設定を無効にしてください。


電話機の設定は、取扱説明書をご覧いただくか電話機のメーカーへお問い合わせください。

 【光電話アダプタ ナンバーディスプレイ設定方法】
 1. 電話機の回線種別がプッシュ(トーン)になっているかご確認ください。
 2. 受話器を上げ、[**6*]をダイヤルします。
 3. 受話器より受付トーン([ピピ]という音)が聞こえます。
 4. [002]をダイヤルします。
 5. [*]をダイヤルします。
 6. 受話器より受付トーン([ピピピ]という音)が聞こえます。
 7. [1]をダイヤルします。
 8. [#]をダイヤルします。
 9. 音声([002は1です。設定しますか]というガイダンス)が流れます。
10. [#]をダイヤルします。
11. 終了トーン([ピー]という音)がしたら設定完了です。

受話器を置いてください。ナンバーディスプレイが表示されるかご確認ください。 

受話器を上げても発信音がしません。

光電話アダプタの電源が入っていない可能性があります。

光電話アダプタの電源が入っているかご確認ください。

電話線が抜けていないかご確認ください。

光電話アダプタの電話機ポートと電話機が正しく接続されているかご確認ください。
また、しっかり奥まで差し込まれいるかご確認してください。

光電話アダプタを再起動してください。

光電話アダプタの電源を抜いて5秒ほどしてから、再度電源を入れてください。

光電話アダプタの再起動をしても回避出来ない場合は、KCNインターネットサポート(0120-333-892 24時間電話サポート)までご連絡ください。

電報受付ダイヤル[115]に電話ができません。

電報受付ダイヤル「115」へは光電話から発信することができません。

インターネットでのお申し込みや電報のクレジット支払い用の電話申込窓口:0120-759560(8:00~22:00/年中無休)はご利用いただけます。詳しくはNTT西日本へお問い合わせください。

NTT西日本のHP

通話中にノイズが入ります。

光電話アダプタを再起動してください。

光電話アダプタの電源を抜いて5秒ほどしてから、再度電源を入れてください。

光電話アダプタの再起動をしても回避出来ない場合は、KCNインターネットサポート(0120-333-892 24時間電話サポート)までご連絡ください。

[ただいまおかけになった電話番号は、現在IP電話ではサービスを行っていません。]というガイダンスが流れて電話が発信できません。

光電話では利用できない電話番号へ発信している可能性があります。

番号、サービス別発信可否一覧 】をご確認ください。
■050から始まる電話番号へ発信されている場合
提携していない050番号に発信されている可能性があります。下記の無料・有料提携事業者の一覧に記載されていない050番号の場合は、提携していない電話番号となりますので、電話番号の前に「0009」を押してから相手様の050番号をダイヤルしてください。その際の通話料は3分8.295円となります。

無料提携事業者

有料接続事業者

■市外の電話番号のみ発信できない場合
ご利用の電話機にACR・LCRなど自動回線選択機能やコミスタサービス機能が搭載されているかご確認ください。機能が搭載されている場合は無効にしていただき発信可能かご確認ください。

■携帯電話にのみ発信できない場合
ご利用の電話機に携帯プリセット機能、携帯とくとくダイヤル機能が搭載されているかご確認ください。機能が搭載されている場合は無効にしていただき発信可能かご確認ください。

電話機の設定は、取扱説明書をご覧いただくか電話機のメーカーへお問い合わせください。

▲ トップへ戻る

All Rights Reserved, Copyright(C)KCN 1996-2015.